学資保険選び方ガイド

2つの目的

「どの学資保険がいいのかよくわからない」と多くの方からご相談をいただきます。たくさんの保険の中から、ご自分に合った保険を選ぶことは簡単ではありませんね。お子様の未来のためにも、間違った選択はしたくないものです。

学資保険選びで一番大切なことは、「加入する目的をハッキリさせる」こと。数多くある学資保険ですが、その目的は2つしかありません。お子様の「保障」を重視するか、教育資金の「貯蓄」を重視するかの2種類です。それぞれどんなポイントがあるのか、ご紹介していきます。

「保障重視」タイプ

例えばお子様が0歳から18歳になるまでの間に入院をしてしまった場合「1日につき数千円が受け取れます」といった医療保障が付いているのが一般的です。お子様が入院してしまった時の備えがあるので安心ですが、そこには当然「保険料」という「費用」が発生してしまいます。支払った金額より受け取れる金額が減ってしまい、返戻率は100%以下となる場合が多いです。また、学資保険自体の満期時期(18歳など)に合わせて、保障が無くなってしまうのが特徴です。お子様の万一が心配で保障を充実させたい場合、このようなタイプを選ぶ他に、医療保障の保険を個別に準備する方法もあります。

お住まいの市町村に子ども医療費助成制度がある場合は、保障が重なるケースもあるため、検討する際はそちらも一緒に考えていきましょう。

苫小牧市の場合はこちら

「貯蓄重視」タイプ

貯蓄重視の学資保険の場合、お子様の医療保障がない代わりに、お支払いする保険料はそのままお子様の教育資金の貯蓄となります。支払った保険料が満期までの間に増えていき、支払い金額より受け取り金額の方が多くなるのが一般的です。「支払い」と「受け取り」を比較すると、返戻率は100%を上回ります。貯蓄性を一番に重視したい方や、医療保障は別に準備する、という方が選ばれるタイプです。

「貯蓄重視」タイプ

「保障重視」か「貯蓄重視」で、受け取り時には数十万円の差が出ることもあります。まずは目的をしっかり決めて、目的にあった学資保険を選択することがとても大切になります。
それぞれの目的に合わせた商品や詳細については、ライフサロンまでお問い合わせくださいね。

保険内容が決まったら、保険会社を選ぼう!

入りたい保険内容が決まったら、複数の保険会社からお客様に合った保険を選びます。
同じ金額の保険料を払っていくなら、お子様のために少しでも有利に増やしていきたいですよね。
自分に合った保険会社を選択することで、未来のご準備をしっかりとしていくことができます!

ですが、自分で保険の内容を比べるのは時間がかかるし大変という方が多いんです。
そんなときこそ、私たちライフサロンにおまかせください!
お子様の将来の夢や希望に合わせた方法を、一緒に考えご提案いたします。

取扱い保険会社一覧

NSKJひまわり生命・東京海上日動あんしん生命・Aflac・フコク生命・朝日生命・三井住友海上あいおい生命・オリックス生命・富士生命・ジブラルタ生命

ライフサロンでは、お客様の想いを形にします。

メールでのお問い合わせはこちら

ページトップ